--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/08/31 ベビー用品 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日は早く帰宅したSimoと夕方Assagoへお散歩に行きました。
マクドナルドでお茶をしてから(笑)久しぶりのPrenatalへ。
日本に居た時に泊まりの荷物を乗せての移動が多く酷使し過ぎたためか、
実はミラノに戻ってからベビーカーの骨組みの左の部分がカチッと閉じなくなってしまい・・。
今週はお出かけ(まだほとんどしてませんが・・)の時は抱っこ紐で出かけていました。

今持っているBebeconfortを修理するにしても、
元々軽めのベビーカーを1台欲しいと思っていたので、
思い切ってこの機会に買うことに決めました。
店頭で見ながら、PegPerego pliko miniとマクラーレン Sportと最後まで悩んだのですが、
開閉がワンタッチで簡単に出来るのと、重さが最軽量の5.7キロなことが決め手になり
PegPerego pliko miniのレインボーという色のものを購入しました。
在庫がない場合は8日でお取り寄せとのことだったけれど、
1台だけ在庫があったのでお持ち帰りすることが出来たのはラッキーでした。

マクラーレンの方がデザインと走行性は若干良かったのだけれど、
車の移動が多く、ベビーカーで歩きにくいミラノの中心部にもうそれほど行くことのない私達。
雨の日なども床に倒さずに畳めて、車への乗せ下ろしがしやすい点で
pliko miniの方が魅力的かなあという結論になりました。

早速今日から使っていますが、使いやすくてとても快適です。
Bebeconfortの方はというと、Prenatalでは修理のサービスは行っていないとのことで
Bebeconfortの会社の方へ電話をしてみたのですが、9月2日まで夏休みの様子・・。
今日ふと寄ったMaxi Brumsでは修理が出来るとのことだったので、
今度持っていってみるつもりです。

aug31DSC_2575.jpg
新しいベビーカーに乗ってパチリ

aug31DSC_2562.jpg
先日のMasaちゃん。
たまにグラッとするけれど、もうしっかりお座りが出来るようになりました。
スポンサーサイト

2013/08/29 日本へ里帰り COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
出発前とても不安だった日本へのフライト。
結果的には、フライトアテンダントさんにはとても親切にしてもらい、
Masaも大泣きはなく時々グズる程度だったので、概ね快適に過ごせました。

事前にバシネットが予約出来ず、当日チェックインカウンターでも
「まだ乗る機体が決まっていないので、乗ってからでないと分からない」と言われたため、
もうバシネットのことはほぼ諦めていたのですが、
飛行機に乗り着席後ふと近くを通ったフライトアテンダントさんに訊ねると、okとのこと。
離陸&着陸時は付けられないそうで、離陸後少ししてから付けに来てくれました。
行きのフライトでは赤ちゃんが寝やすいように予め中に枕を2つ敷いてくれたのですが、
帰りのフライトではたまたま忘れたのか何も敷いてなくて、
そのままだと固くてとても寝かせられる状態ではなかったので、
自分の席と隣の席用の枕を敷きました。
帰りはバシネットの中に2回ほど置いてみたもののすぐに起きて泣いてしまったので、
バシネットはほぼ全く使わず(涙)最後2時間半は抱っこしたままでおねんねしたのですが、
行きの機内では最後の3時間ちょっとバシネットの中で寝てくれたので、
今回のフライトに関しては、まあ付けてもらって良かったかなと思います。

ただ、バシネットが付けられる最前列の席というのが、
肘掛けが上げられないようになっているので、とても授乳がしにくかったのが難点・・。
自分の体を少し斜めにして座っても、Masaの頭が丁度肘掛けに当たってしまうので
痛くないよう枕を当てていたけれど、Masaが足を動かす度に反対側の肘掛けにガンガン当たり、
Masaも飲み心地が悪そうに見えました・・。
バシネットが付く席は前が広々しているので荷物が置きやすいし、
一番前なので赤ちゃんが多少グズっても周りが気になりにくいという利点もあるけれど、
授乳のことを考えると、次回の帰国の時にバシネットを使うかどうかは悩むところです。

離着陸時の耳抜きについては、哺乳瓶も一応準備していたのだけど、
離着陸時は赤ちゃん用のシートベルトを付けることになっているようで、
(赤ちゃんを膝の上に乗せた状態で大人のシートベルトに付けて使う)
このシートベルトを装着時は授乳が出来ないので、哺乳瓶も持っていて良かったです。
とは言っても、帰りの機内での着陸時はMasaが横抱きのまま眠っていたので、
そのままシートベルトを使わずに着陸してしまいましたが・・。

行きのフライト中は小さな子がたくさん乗っていたので結構賑やかだったし、
私もMasaと座席でオモチャを次々に出して遊び、飽きたら抱っこ紐でお散歩、
高い高いをしたり、トイレで鏡を見せたり・・としているうちに、
始めの7時間くらいは本当にあっという間に過ぎました(笑)
最後の数時間Masaが寝てくれた時は、テレビを見る程の余裕も気力もなく、
緊張感からか眠気も疲れも不思議と感じず、
少し目を閉じて体力を温存したくらいで、ずっとただ起きていました。
あと、行きの機内では小学校から1歳までの女の子4人連れのお母さんがいたので、
それに比べると自分は1人だけ見ていれば良いのだから、
本当に楽なほうなのだなと思うことが出来ました。

機内でのオムツ替えは、幾つかのお手洗いにオムツ替え台があったけれど、
機内のテーブルのような固い素材なので、オムツ替えシートは必須。
離乳食は行きはイタリアのブランドのフルーツミックスとお肉各2瓶づつ、
それに大人が使うプラスチックのフォークやナイフ、ミニスプーンのセットなので、
使い慣れた赤ちゃん用スプーンを持って行くのを忘れずに。

搭乗前ですが、マルペンサ空港でとても感動したのは、
セキュリティテェックに子連れ専用の入口があること。
チェックインのフロアからゲートB用のエスカレーターを下りると、左手に入口があり、
初めその入口に気付かなかったのだけれど、そこにいたスタッフの女性が
通り過ぎようとした私をわざわざ呼び止めてくれました。
マルペンサ空港のセキュリティチェックはいつも、
ディズニーランドのアトラクション並みに並ばなくてはならないのですが、
その専用レーンのお陰で待ち時間はゼロ!素晴らしいなあと思いました。

帰りの成田空港のセキュリティでは専用のレーンはなかったものの、
たまたまかもしれないけれど、普通に列に並ぶ私たちを見て係の人が
隣にある乗組員専用のレーンへ通してくれました。

今回フライトで一番大変だったのは、飛行機に乗ってから離陸するまで。
というのも、空港のゲートでも子供連れということで優先され、
一番に飛行機に乗ることが出来たのですが、
早く乗ってしまうが故に、全ての乗客が乗り終え離陸するまでの時間の長いこと・・。
日本行きのフライトでは、機内に入り荷物を整理して座るとすぐに、
親切なフライトアテンダントさんがMasaのシートベルトまでしてしまったので、
その後はずっととりあえず膝の上でオモチャを出しながら遊んでいたのですが、
そんな訳で離陸前には座って遊ぶことに飽きてしまい大声を出し始め、
私の方はどうしようと焦る気持ちと、早く出発しないかと思うイライラで、地獄のようでした(笑)
それを教訓に帰りの飛行機の中では離陸のギリギリまで(着席のアナウンスまで)
SimoにMasaを立ったまま抱っこであやしてもらいました。

aug29DSC_1999.jpg
バシネットの中で遊ぶMasaちゃん

aug29DSC_2002.jpg
バシネットの上にかぶせるカバーのようなものもあるのですが、
Masaが寝ている時手を動かしたりすると当たってしまいそうだったので、使いませんでした。

aug29DSC_2005.jpg
行きのフライトの最後、寝てくれた時のMasaちゃん

aug29DSC_2558.jpg
機内でもらった離乳食の一部。右はイタリア発のフライトでもらったもの。
日本からの帰りのフライトでは、キューピーブランドの5ヶ月用と7ヶ月用それぞれ2瓶づつもらいました。
2013/08/27 授乳・離乳食 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
日本にいる間の離乳食はイタリア式ではなく、
トイザラスやスーパーなどで買った市販の瓶詰めをあげていました。
1瓶80グラム入り、5ヶ月目、7ヶ月目、9ヶ月目〜など分かれて売られていて、
シンプルなおかゆやフルーツヨーグルト、野菜のペーストの他、
トマトのゼリー、ホタテのクリーム煮、バナナプリン、カボチャとサツマイモのペースト等、
イタリアに比べ種類が本当に豊富で、選ぶのも楽しかったです。
日本に滞在中、いつからか離乳食を不味い顔をせず(笑)食べてくれるようになり、
食べムラはあったけれど、7ヶ月を過ぎた帰国前頃には、
大体1日(2回食)で1瓶を食べられるまでになりました。

ミラノに戻った翌日の日曜日、これからはきちんと手作りをしようと、
まずはイタリア式の野菜出汁のスープを作り、
スープに使った人参、ズッキーニ、ジャガイモはつぶして裏ごしし、小分けにして冷凍。
昨日からはそのスープに裏ごしした野菜を1種類、crema di riso、
そしてオリーブオイルを入れたものを1日2回あげています。
パルメザンチーズはどうしようかと思ったけれど、なんとなくまだ入れていません。

たまたまかもしれないけれど、イタリア式の離乳食が美味しいのか、
昨日は普段以上に口を開けて離乳食をせがんできたので、驚きました。
やはり食べムラはありますが、結構よく食べてくれていると思います。

今週はとりあえずこんな感じの離乳食を続け、
来週になったら他の野菜や、イタリアで市販されているお肉の瓶詰めのペーストを
新しく加えてみようかなあと思っています。

aug27DSC_2549.jpg
離乳食をあげるため、
去年の夏にベビーカーなどとまとめて購入した食事用椅子を組み立ててみました。

aug27DSC_2534.jpg
スープに裏ごしした人参、crema di riso、オリーブオイルを少し入れたもの

aug27DSC_2552.jpg
これは大人用ですが・・(笑)
夏休みにプーリアへ行っていたお隣さんに頂いたお菓子。
しっとりとしていて素朴な味で、美味しかったです。
2013/08/26 成長記録 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
スーツケースの中身を出したはいいものの、まだ床に荷物が散乱している状態だったので、
今日は出かけずに1日家でのんびりしながら少し片付けをしました。
以前は朝Masaちゃんが寝ている間に朝ご飯を食べたり家のことをする時間があったけれど、
最近はなぜかMasaちゃんが結構早く(7時半頃)起きるようになったため、
起床後すぐにまずは一緒に遊ぶことが増えました。
以前とは違いMasaちゃんも体力がついてきて、力も強くなり、
何よりもあちこち動きまわるようになってしまったので、
日本での夏バテや旅行の疲れ、時差ボケなどが抜けきれてない体にはとても応えます・・(笑)
今日はそんな感じで遊びの時間を挟みながら午前に2時間半、お昼の後に2時間、
そして午後6時過ぎの今もまたお昼寝中。
私もそれに合わせて一緒に少し眠りたかったのですが、
今日に限りなぜか寝入った後もおっぱいを離してくれず、
ずっと横向きの不自然な体勢でいたので、全く疲れが取れません・・。

そんな今日、午後のお昼寝から起きた時に、なんと歯が生えているのを発見。
たまに私の指をかじるのですが、午後かじられた時に明らかに固く尖っている感触があり、
口の中を見てみると下の右の歯が2ミリほど白く出てきていました。
左にももう白いものがうっすらと見えているので、もうすぐこちらも出てきそうです。
今日やけにおっぱいに執着しているのは、この歯のせいかな?
早速Simoにも報告。とても喜んでいました^^

aug26DSC_2235.jpg
日本の電車での一コマ
2013/08/25 日本へ里帰り COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
長いようで短い夏休みを終え、昨日ミラノに戻ってきました。
今回日本には1ヶ月半滞在したのですが、
久しぶりの日本の夏の蒸し暑さと、これまた久しぶりの電車とメトロでの移動や、
今まで気楽に1人で帰国していた時とは違う、子連れでの実家での生活に戸惑いながらも、
美味しい物を食べて、思っていたよりも色々な場所へお出かけすることも出来、
写真館で着物を着て記念写真を撮ったり、遅くなったけれどお食い初めをしたりと、
とても充実した思い出に残る時間を過ごしました。

イタリア人は子供好きだと以前ブログに書いたことがあったけれど、
日本でも意外と子供好きな人が多く、Masaちゃんと出かけると
イタリアに居る時と変わらないほど色々な人に話しかけられたのには驚きました。
デパートやレストラン、駅やエレベーターの中など・・。
Masaちゃんも話しかけられる度に笑顔で応え、とても嬉しそうでした。

大変だったのは、Gaggianoの家にはエアコンがないので、
久しぶりの日夜エアコンをつけっ放しの生活、
そして建物や電車の中と外との気温差に、何度か体調を崩しかけました・・。
一番心配だったMasaちゃんは一度も病気をせず元気でいてくれたのが何よりです。

今回は出産後初めての里帰りで、家族や親戚の皆にMasaちゃんをお披露目し可愛がってもらい、
高校卒業後今まで海外と日本を何度も往復していたけれど、
SimoとMasaと3人で先日日本を発つ時に初めて、
今までに感じたことのない強い寂しさを感じました。
結婚して海外に住むということはこういうことなんだと、初めて色々と考えたりもしました。
今しかないこの時期のMasaちゃんを、生で頻繁に見せてあげられないのは辛いけれど、
その分楽しみにしてくれている人達の為にたくさん写真やビデオを撮り、
このブログも頑張って続けていこうと思いました^^

さてMasaちゃんは、日本への出発前からは想像も出来ないほど成長して、
7ヶ月になる少し前にハイハイを始め、
先週から場所によってはつかまり立ちも出来るようになりました。
まだまだゆっくりしか進めないハイハイですが、
段々自分の思うように動けるようになってきたのが目に見えて楽しそうで、
見ているこちらまで笑顔になってしまいます。

そんな成長が嬉しい反面、今までとは動きも生活パターンも変わってきたので、
ほんの1ヶ月半前までいたGaggianoの家ですが、
この家での新しい生活リズムに慣れるまでに、ちょっと時間がかかりそうです。

たくさん書きたいことはあるのですが、
写真を整理しながら、また時間のある時に少しずつアップしていこうと思います。

aug25DSC_2525.jpg
昨日のMasaちゃん
大人のベッドの足下にベビーベッドを付けたら、そこまでハイハイして行き、
お座りした状態で手すりにつかまってご機嫌にメリーを眺めていました^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。