--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/06/08 授乳・離乳食 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
いつもSimoとMasaちゃんという体温の高い2人に挟まれて寝ているのですが、
最近は急に暑くなったこともあり、今朝は初めて暑さで5時半頃に目が覚めてしまいました。
2度寝したかったけれど、なぜか目が冴えてしまって眠れず、
結局リビングへ行き、パソコンを使ったり片付けをしたり・・。

今日は午前中近所の市場へ行き、その後Simoの靴を買いに行ったりと少し出かけたのですが、
やけに早起きしてしまったせいか、ランチの前にはひどく疲れが出てしまい、
ランチ前に少し、そして午後もお昼寝をしました。
それでも首や肩、頭の疲れが取れず、かなり辛くなってきたので、薬を飲むことに。
ここ数日Simoが風邪気味で、家に色々な種類の薬があり、
丁度テーブルの上に出ていたaspirinaという痛み止めを飲みました。
そして飲んでしばらくして、既に若干効いてきた気がしたところでふと、
授乳中なので薬を飲んではいけないということを思い出しました・・(汗)

疲れていたとはいえ、私って本当にバカだ・・と自分を責めながら
すぐさまSimoに話したところ、まず小児科医の先生の携帯に電話をしてくれたのですが、
メッセージを残せば気付き次第折り返してくれると言われていたけど、
やはり週末だからかメッセージのサービスに繋がらない・・。
ただ代わりに、土日は別の番号にというアナウンスが流れたようで、
その番号に電話をしたところすぐにお医者さんが出て対応してくれました。
そのお医者さんによると、薬を飲んでしまってから3、4時間経てば授乳しても大丈夫なので
何も心配する必要はないとのこと・・。

とりあえずホッとしましたが、それでも微かにちょっと不安があったので、
長めに4時間ちょっと空けてから授乳をしました。
幸い薬を間違えて飲んでしまう少し前に授乳をしたばかりだったので
授乳間隔が開き過ぎなくて済んだので良かったけれど、
今後は本当に気をつけようと思いました。

イタリアでは日本と違いいつでも小児科医のところに行けるわけではなく、
定期検診以外は事前に電話で事情を説明し、予めアポをとってから行かなくてはなりません。
小児科医の先生のオフィスは大体1日3〜4時間程度開いていて(週末はお休み)、
その時間内なら先生の携帯に電話をすれば直接話すことも出来ますが、
それ以外の時間は携帯にメッセージを残して折り返してもらうか、
緊急の場合は大きな病院の救急に連れていきます。

初めはシステムが日本とは違うので戸惑ったけれど、
診察代は全て無料なことを考えると、多少の不便さはあっても仕方が無いと思っています。

さて、明日はMasaちゃんの洗礼式です。
お天気が崩れるとの予報で少し心配ですが、心に残る素敵な一日にしたいと思います。

jun8DSC_1988.jpg
今朝のMasaちゃん
コメント
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijibebe.blog.fc2.com/tb.php/166-fd1b057e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。