--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/01/06 クリスマス COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日マルケでの休暇を終え、ミラノに帰ってきました。
12月23日(月)に出発した時も、昨日の帰りも、全く渋滞がなく快適でした。
Masaもサービスエリアでのランチを挟んで車の中でたくさん寝てくれたので良かったです。

Sementanaの家では、暖炉の灰や野良猫たちのお陰でMasaの洋服や手がすぐに真っ黒に・・。
まだ頻繁に手を口に入れるので、2分おきにウェットティッシュで手を拭いている状態。
旅行中Simoの両親が預かっているSimoのお兄さんの犬が時々吠えるので、
Masaが怖がり泣いてしまったり、
階段を上ることを覚えてしまったMasaが階段から落ちないよう、
また暖炉や薪を入れるタイプの暖房器具に触らないよう常に見張っていなければならず、
ほんの3日間の滞在でしたが、リラックスどころではなくすごく疲れました・・(笑)
Sementanaの家に住むSimoの一番上のお兄さんがヘビースモーカーだということもあり、
洋服やコートも気付けばタバコの匂いがひどくて・・。
私たちの部屋は狭い階段を上った2階にあり、色々と不便も多かったので、
ちょっとMasaを連れては今後はあまり行きたくないなあとも思ってしまいました。
普段猫が大好きで笑顔で追いかけ回しているMasaも、
不思議なことにSementanaの家に10匹ほどいる野良猫たちにはそんなに興味を示さず・・。

そんな訳で結局1月3日までSementanaの家で過ごした後は、
またUrbinoのおばあちゃんの家へ戻り、2泊してきました。
今回はずっと親戚たちの所に滞在していたので、
幸いするべき家事もなく、Masaも色々な人たちに常に囲まれていて、
自分の時間がたっぷり出来ると思いきや・・
なぜか普段以上にインターネットをする時間さえほとんどなく、
風のようにあっという間に過ぎ去ってしまった冬休みでした(笑)
楽しい時間を過ごせたけれど、昨日久々に家に帰宅して、
やっぱり我が家はいいなあと実感しました^^

さて今日1月6日はEpifaniaと呼ばれる祝日。
クリスマス、元旦と続く休暇の最後の日です。
日本だとクリスマスが終わると同時にクリスマスの飾りは街から姿を消しますが、
イタリアではまだどこへ行ってもクリスマスツリーやイルミネーションが見られ、
この祝日を境に少しずつ片づけていくようです。
我が家のクリスマスツリーも、今週中くらいにはしまう予定。

せっかくなので、休暇中アップ出来なかったクリスマスの写真を少し・・^^

dec31IMG_0114.jpg
保育園で作ったクリスマスのオーナメント

jan6IMG_2636.jpg
クリスマス当日は家にいなかったけれど、
せっかくなのでギフトを置いて写真を撮りました。

dec31IMG_0127.jpg
Simoの実家で交換したギフト

jan6IMG_2647.jpg
Urbinoの小さなショッピングセンターで見つけたpresepe
(イエス誕生の様子を模した模型)
全てパスタで出来ています。

jan6IMG_2648.jpg
他にもユニークなpresepeがたくさんありました。

dec31IMG_0176.jpg
Urbinoでのクリスマス・イブ。私とSimoが作った前菜の前で。
ちょっと写真では見えにくいのですが、Masa用にクリスマスツリーや星の形にくり抜いたチーズとハムをのせたものも作りました^^

dec31IMG_0177.jpg
クリスマス・イブにおばあちゃんたちが作ってくれたorataのオーブン焼き

dec31IMG_0178.jpg
Trigliaという魚のオーブン焼き

dec31IMG_0187.jpg
クリスマス当日はおばあちゃんお手製の詰め物パスタのスープを頂きました。

dec31IMG_0188.jpg
Urbinoのお隣さんが持ってきてくれたポテトサラダ

dec31IMG_0214.jpg
お腹を壊して寝ていたSimoのお兄さんが欠けていますが・・皆で記念写真

dec31IMG_0228.jpg
ポインセチアとミミ
ミミはまだSimoの実家で預かってもらっているのですが、元気にしています^^
コメント
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijibebe.blog.fc2.com/tb.php/258-a87c353b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。