--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/03/17 子連れ旅行 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
旅行2日目。
Bornoのホテルでの朝食の時、Masaちゃんにはヨーグルトやフルーツの瓶、
ブリオッシュなど色々あげてみたのですがどれも食べず・・。
結局口にしたのはハムを少し^^

朝食の後、午前中はホテルの人に聞いて、近くのスキー場を見に行ってみることに。
スキーの町とはいえ町中に雪は全くなく、
車で15分ほどのスキー場に着いても雪の陰さえ見えず・・(笑)
周りはスキーウェアを着て滑る準備をしている人で駐車場はいっぱいだったけれど、
リフト乗り場でさえほとんど雪がなくて・・こんなスキー場は初めて見ました^^
ちょっとお散歩をして、Masaちゃんが大きくなったらスキーをしに来たいねという話をして、
そそくさとその場を後に・・(笑)

marc18DSC_2830.jpg
Bornoのスキー場の駐車場

marc18DSC_2831.jpg
周辺の景色

marc18DSC_2832.jpg
リフト乗り場

marc18DSC_2834.jpg
空気がとても綺麗でした。


marc18DSC_2836.jpg
飲料水で有名なBoario Termeの湖へも行ってみました。

marc18DSC_2839.jpg
特に何もない本当に小さな湖ですが・・Masaちゃんを歩かせながらのんびり。

marc18DSC_2868.jpg
犬に興味津々のMasaちゃん
この後Masaちゃんが登れない石の丘の上に犬が行ってしまい、泣きそうになっていました^^

marc18DSC_2873.jpg
お弁当を持ってきたら良かったなあと思いつつ、この場を後にしました。


marc18DSC_2876.jpg
次はようやく岩絵のあるNadroという町へ。
この町にはFoppe di Nadroという岩絵があるというので見てみたかったのですが、
ベビーカーで行くのは難しいと言われ断念・・。

marc18DSC_2877.jpg
博物館だけ見てNadroを後にしました。
博物館も、この場所に移転したばかりとのことで、まだほとんど展示はなくて残念(笑)

Nadroのすぐ北にあるCapo di Ponteという町のNaquaneという岩絵は
ベビーカーでも見に行けると聞いたので行ってみたのですが、
石がゴロゴロした道が1キロほど続いているようで、実際にはベビーカーではとても進めず・・。
途中まで行ってみましたが、ベビーカーが壊れると困るので諦めました。

marc18DSC_2879.jpg
早めにミラノに戻る予定でしたが、ランチタイムになってしまったので近くで食べる事に。
Simoがネットで調べ、Capo di Ponteのすぐ近くにある農家レストラン
Il Castagnoloへ行ってみました。
料理はとても美味しかったし、レストランのテラス(入口の待合室兼喫煙所のような場所。
でも外なのでタバコの匂いはこもらず、全く気になりません。)
でMasaちゃんが飽きたら自由に歩かせられて、何もないけれど本人は楽しそうだったので(笑)
居心地が良かったです。

Il Castagnolo
Locarità Deria 25050, Paspardo (Bs)
Tel: 338 3067383
http://www.ilcastagnolo.it/


marc18DSC_2880.jpg
駐車場からレストランまでの道

marc18IMG_0600.jpg
Simoと前菜の盛り合わせをシェア、そしてMasaちゃんもいるのでプリモを3種注文。

marc18IMG_3404.jpg
栗の粉を使ったパスタ、ほうれん草とベーコンのニョッキ、クレープのオーブン焼き
Masaちゃんはほうれん草のニョッキがお気に入りでした^^

ランチもしたので帰りは遅くなってしまったけれど、
幸い渋滞にはほとんどはまらず、夕方6時にはミラノへ到着。
久々の旅行で疲れたけれど、良い思い出になりました^^

まだまだイタリアには行ってみたい場所がたくさん。
今回結局Val Camonicaの岩絵は見れなかったので・・(笑)
数年後にMasaちゃんが大きくなってから、リベンジしようと思います^^
コメント
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijibebe.blog.fc2.com/tb.php/294-f6974938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。