--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/08/01 検診・検査 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
2ヶ月前に遡りますが、妊娠が分かってからの流れを簡単にまとめておきます。

まずスーパーでも簡単に手に入る妊娠検査薬(test di gravidanza)を購入しました。
市販の検査薬は、3、4種類くらいあったのですが、一番結果が目で見て分かりやすそうな電子式を購入。
結果は陽性でした。

その後保険証をもらう時に登録するホームドクター(medico di familia)の所へ行き、
検査薬の結果が陽性だった旨を伝えると、
次に血液検査と尿検査を受けるための紹介状のようなもの
(赤い紙に検査内容が書かれたもので、ricettaと呼ばれます)がもらえます。

本当ならそれを持って最寄りの病院などへ行き検査を受け、
その後検査の結果を持ってホームドクターの所へ戻り、
その後についての指示を受けることになるのですが、
私の場合はアパートのお隣に住んでいて交流のあった家族の娘さんが産婦人科医だったことがあり、
その後は全てその先生と話をして進めていきました。

先生はミラノの南部にあるSan Paoloという病院の勤務医。
血液検査の前に、本当に妊娠しているかどうかの確認のため、
すぐ翌日にSan Paoloでのエコーの予約を入れてくれました。

妊娠検査薬で陽性と出た時には、嬉しい反面まだ半信半疑な気持ちもあったのですが、
エコーで初めて妊娠をはっきりと確認出来た時の気持ちは、言葉では言い表せません。
ただ、そのエコーでは胎のうは見えたものの、心拍が確認出来なかったので、
まだ不安な気持ちは残っていました。

さて、その後血液検査と尿検査を受けることになり、
どこでその検査を受けられるのか見当もつかなかったので先生に聞いてみると、
ミラノ市内の幾つかの病院やCDIHumanitasという施設を教えてくれたので、
私は家から一番行きやすかったCorsicoにあるCDIで検査をしました。

その後は先生と話をしながら、大体月に一度のペースでエコーと血液検査を受けに行っています。

DSC_0185_convert_20120801201300.jpg
私が使った電子式の妊娠検査薬
妊娠の週数まで出ます
コメント
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijibebe.blog.fc2.com/tb.php/3-38aafbb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。