--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/06/05 子連れ旅行 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
週末のブルガリア旅行について。
今回滞在したSofiaはミラノから飛行機で2時間。
初めてWizz Airというハンガリーの格安航空会社を使ったのですが、
機内は綺麗で添乗員さんや地上スタッフの方もとても親切。なかなか良かったです。
ただ、格安なので飲み物やスナックは全て有料。
そして事前に席が決まっておらず、搭乗時にはゲートの前に長い列が出来ますが、
私たちは小さい子連れだったので、優先して乗せてもらえました。
到着時のベビーカーの受け取りは、行きは飛行機を下りたところ、帰りはbaggage claimでした。

Sofiaの空港では荷物検査やパスポート検査がとても厳しく、
帰りの荷物検査では職員に液体物をジップロックに入れ直されている人がいたり、
入国&出国審査ではちょっと下を向いていたらちゃんと顔を見せるように言われ、
パスポートの写真と私たちの顔をそれぞれ何度も念入りに確認されたり・・。
そういえば最後の日イタリアに到着してからの入国審査で
審査官の人に「パスポートにスタンプを押してほしいなら押すけどどうする?」と聞かれ
それってこちらが決められることなの?と、Simoと思わず笑ってしまいました^^

ソフィアはやはり同じヨーロッパなのでイタリアと似ている雰囲気もあるけれど、
建物や街を行く人の雰囲気・ファッションだったり、
大通りから少し小さな道に入ると途端に歩道が歩けないほどガタガタだったり・・
時々ふと東ヨーロッパだなあと感じることがありました。
かと思うと、市内での車の駐車に関しては日本以上に進んでいて、
携帯電話からショートメッセージを送るだけというのを聞いて驚いたし、
一度地下鉄にも乗ってみたところ、イタリアに比べ綺麗で、乗りやすかったです。

短い滞在を通して発見したのは、人がとても温かく親切で、英語を話せる人が多いこと。
特に私が日本人だと分かると「日本がすごく好きなのよ!」と言われることが何度かあり^^
物価はイタリアに比べてとても安く、タクシーの初乗りはなんとたったの40セント。
空港まで帰りのタクシーは20分ほど乗って6ユーロでした。
食事もイタリアの値段の半分ほど。お洒落なレストランも結構あり、安くて美味しかったです。
そしてソフィアの中心部はとにかく大きな公園が多い。
子供連れでお散歩をしている人がたくさんいて、生活しやすそうな印象を受けました。

話はソフィア滞在に戻り・・
空港に到着してからは、友人とお父さんが迎えに来てくれて、まずはホテルへ。
荷物を下ろしてから友人のお宅へお邪魔しました。
もう5ヶ月になる友人の赤ちゃんとは私は初対面。
久々に小さな子を抱っこさせてもらい、ほんわかした気分に^^
Sfogliaというしっとりとしたパイ生地のようなものに
フェタチーズの入ったブルガリアの伝統的なお菓子を頂き、
少しゆっくりした後は皆で歩いて観光へ行くことに。
Sofia市内では一番有名な観光地、Alexander Nevsky Cathedralを見学し、
ランチには近くのレストランでブルガリア料理を。
その後は歩いて博物館や他の教会の前を通りながら、ショッピング通りへ。
そこで皆でお茶をして、とりあえずホテルへ戻り一休み。
夜7時半頃に友人のお父さんが迎えに来てくれて、レストランでまた皆一緒にお食事をしました。
Masaちゃんは3時間のディナーの間ずっと大興奮で走り回っていました^^
隣の部屋の女の子と仲良くなり遊んでもらったり・・
また別の部屋にいる4人組の女性に大声で話しかけたり・・
あとはひたすら入口にある階段を上ったり下りたり(笑)
パパとママは大変だったけれど、Masaちゃんは楽しんでいたので良かったです。

20140603DSC_2884.jpg
Alexander Nevsky Cathedral

20140603DSC_2908.jpg
ブルガリアでよく見かけた定番のサラダ。
トマトとキュウリの上にフェタチーズがのったもの。

20140603DSC_2909.jpg
刻んだセロリの入ったヨーグルトサラダ

20140603DSC_2910.jpg
奥に見えるのがブルガリア料理のソーセージ
イタリアのサルシッチャと同じような、ちょっと塩気の強い味でした。

20140603DSC_2912.jpg
ランチ後のお散歩で通りかかった公園。
丁度子供のためのお祭りが行われていて、催し物がたくさんありました。

20140603DSC_2913.jpg
イタリアにはないケンタッキーやスターバックス、ダンキンドーナツも見かけました。

20140603DSC_2914.jpg
とある小道

20140603DSC_2915.jpg
Vitosha Blvd. にある大きなショッピング通り
偶然私たちのホテルの近くだったので便利でした。
ホテルもそんなに高くないのに広くてミニキッチンとバルコニー付き。
フロントの人もとても親切で良かったです。

20140603DSC_2927.jpg
車で連れて行ってもらったので場所はよく分からなかったのですが・・
到着した日にディナーをした場所^^
ランチと同じ定番のサラダや、茄子やパプリカなどの野菜のグリル、
lenticchie(レンズ豆)のハンバーグにお肉のグリルをたくさん。
デザートのフローズンヨーグルトに蜂蜜をかけたものがすごく美味しかったです。

20140603DSC_2931.jpg
翌日の朝は3人でYuzhen Parkまでホテルから歩いてお散歩しました。
写真は途中にあるNational Palace of Culture。

20140603DSC_2932.jpg
歩道橋の上から見た景色

20140603DSC_2936.jpg
Yuzhen Parkの中(地下鉄European Union駅前)にある
City Centre SophiaというモールをSimoが見つけ行ってきました。
そんなに広くはないけれど、1階で子供のための見本市が行われていて、
色んなオモチャやベビーグッズが売られていました。
遊び場があったので、地元の子に混ざってMasaちゃんも遊びました^^

20140603DSC_2937.jpg
モールの最上階にはロッククライミングを体験出来る場所も。

20140603DSC_3035.jpg
その日は午後1時半から中心部の教会で洗礼式でした。
Orthodox式だったので去年のMasaちゃんの洗礼式(カトリック式)とは違い、
赤ちゃんの肌着以外全て脱がせて頭だけでなく足まで聖なる水につけたり、
式の最後に用意された大きなパンを小さくちぎり、
赤ちゃんの両親が蜂蜜にパンをつけて参列者1人1人に渡したり・・。
Masaちゃんは式の間ずっとお昼寝していてくれました^^

20140603DSC_3087.jpg
式の後は近くのホテルに移動して軽いビュッフェを頂きました。
式を行った司祭さんたちも皆招待されていて、ちょっと驚きました。
Masaちゃんはプーさんの可愛い風船をもらい、大はしゃぎ。
他の子供たちともたくさん遊びました。

20140603DSC_3093.jpg
式で配られた可愛いクッキー。

20140603DSC_3181.jpg
友人にもらったパジャマとスタイ

20140603DSC_3184.jpg
子供用品の見本市で見つけたMelissa & Dougというブランドのドールハウス。
それぞれの面についているドアを鍵で開け閉めすることが出来るので
鍵が大好きなMasaちゃんが喜ぶかと思い購入。
家の中にしまえるお人形やインターフォンまでついていて、よく出来ています。
Masaちゃんは想像以上に喜んでくれて、大きくてかさばったけれど買った甲斐がありました^^
コメント
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijibebe.blog.fc2.com/tb.php/313-2f6c375b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。