--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/02/20 育児(未分類) COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
毎日の育児の中で一番不安を感じていたのはお風呂(bagnetto)。
お母さんがいる間に色々な方法を試し、ようやく我が家で一番やりやすい方法を見つけました。
今は下記のようにしてMasaちゃんをお風呂に入れています。

1. 大人用バスタブの中にベビーバスを置き、更にその中にベビーバス用の斜めになっている椅子(お尻の部分で止まり、赤ちゃんがお湯の中に滑り落ちるのを防ぐもの)を置き、熱めのお湯(準備をしている間に冷めてしまうので・・)を入れ始める。
2. バスタブの近くに置いているオムツ替え台の上に大きめのタオル(湯上がりの赤ちゃんを乾かす用)を置き、ベッドルームに肌着と洋服、オムツを準備しておく。
3. ベビーバスにお湯をはったら、ベビーバス内の椅子に大きなガーゼを敷き(プラスチックの椅子が直に当たるよりいいかなと思うので)、沐浴剤を入れる。
4. オムツ替え台の上でMasaちゃんの洋服を脱がせ、小さなガーゼを体の上にのせて(Masaちゃんは裸になると怖がって泣くため)お風呂の中へ入れる。
5. 左手でMasaちゃんの首の後ろを支えながら右手でスポンジを使って体を洗い、終わったら濡れたガーゼを取り、自分の体で包むようにして抱っこをして(お風呂から出す瞬間にこの方がMasaちゃんが落ち着くので)オムツ替え台のタオルの上に置き素早くタオルで包み乾かす。
6. タオルに巻いたままベッドルームに移動し、オムツと洋服を着せる。

ベビーバス用のプラスチックの斜めの椅子(sdraietta da bagno)は
Auchanで何気なく見つけ、買ってみたものなのですが、
それ無しではMasaちゃんが私の手から滑り落ちてしまいそうで怖かったので、
今はとても重宝しています。

feb25P1080915.jpg
ベビーバスの中にある水色のものがsdraietta da bagnoです(2/25 写真追加)

体を洗う時に、いつも握っている手の中にゴミがたまりやすいことは
知っていたので注意して見ていたのですが、
ある時着替え中に、Masaちゃんの脇の下にも白い汚れがたまっているのを発見(笑)
その後は念入りに洗うようにしているのですが、
毎日結構な量の汚れがたまるので驚いています。
あとは耳の後ろのシワの間など(笑)、意外なところに白いカスがたまるので、ビックリ・・。

「沐浴」というとサッと手で撫でながら洗うだけ・・というイメージだったのですが、
Masaちゃんは暑がりなせいか、鼻の両脇にも皮脂の固まりらしき物がたまりやすい上、
汚れがかなり落ちにくいので(特に脇の下・・)指で結構ゴシゴシと洗ってしまっています。

ちなみに、今まではお母さんやSimoに助けてもらいながらお風呂に入れていました。
昨晩は初めて1人で入れてみたのですが、意外とスムーズに出来て自信がつきました。
オムツ替えや着替え(裸になること)は大嫌いなMasaちゃんなのですが、お風呂は大好き。
お風呂に入れている時の、気持ち良さそうな、そしてなんとなく恥ずかしそうな・・、
そんな顔を見るのが楽しいです(笑)

feb20IMG_1522.jpg
少し前の写真ですが、搾乳した母乳を哺乳瓶で飲むMasaちゃん
コメント
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijibebe.blog.fc2.com/tb.php/67-04073981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。